インターンシップ

沖縄県が行っている海外ジョブチャレンジ事業へ参加しました。

そこで訪れた国はベトナムでした。初めてやって来た時には、ベトナムで働くとは思いもよりませんでした。なぜならベトナムを選んだ理由は、世界一周旅行をした時に訪れたことがなかったから。それだけです。訪れなかったのは、東南アジアの中では有名にも関わらず、気になる都市や、これといった遺跡などの観光名所がなかったこと。

ベトナムのイメージは『発展途上国』だったので、空港へ降り立った時に驚いたことがあります。それは空港がとても綺麗だったことです。そして、日本のODAによって建てられた空港と聞いた時は少し誇らしくもなりました。

空港から滞在先となるホテルへの移動中、目に飛び込む風景は想像した通り。また旅行番組で見た通り。まだまだ『発展途上国』という印象でした。中には、近代的な高層ビルもありましたが、それは指で数えられる程度でした。

インターンシップ先となったのは日系の会社です。ベンチャーといっても良いくらいの日本では中小企業クラスです。日系の会社なので社長は日本人ですが、日本には支社がありません。従業員は日本人も居ればベトナム人も居ました。割合としてはベトナム人の方が多いくらいです。

インターンシップといっても、3ヶ月の長期に亘るものだったので事務などの内勤業務ばかりかと思っていました。しかし、実際は勤務してから3日目には先輩社員と一緒に外回り(営業)をさせてもらえました。約1年間のブランクがあると言っても、日本で5年も営業をしていれば少しの時間で動けるようになるものです。2ヶ月目にはアポ取りから交渉まで一人でさせてもらえるようになっていました。インターンシップ期間が終わる頃には、冗談かも知れませんが「そのまま帰らないでよ。」とまで言ってもらえるようになりました。

ただ仕事環境が日本と変わらず、刺激を求めて行ったインターンシップなのに『これで良いのだろうか?』という思いが頭から離れなかったので、ベトナムへ戻ってくることは約束しましたが、そのまま働くということまでは約束出来ませんでした。

VN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です